ルーターAterm-WG2600HP3の最安価格とレビューは?気になる機能も詳しく調べてみました

PC・カメラ関連

最近、我が家のWi-Fiルーターの調子が悪いんです。
買って5年くらいになるんですが、2、3日に一度は接続がぶっつり切れて再起動しないといけないくらいガタがきてます。

調べてみるとWi-Fiルーターの買い替え目安って3~4年ほどなんだそう。
そろそろ買い替えないと・・・

良い商品がないか探していると、楽天で人気ランキングに挙がっているNEC製の新製品ルーター「Artem PA-WG2600HP3」が目にとまりました。

なんと「2018年の価格.comプロダクトアワード」で「銀賞」を獲得した商品なんだそう!

このアワードは、買った人のレビューの評価を元に、その年にユーザーにもっとも支持された製品を選出する賞とのこと。

何だか良さそうですよね。(ちなみに金賞は同じシリーズの安価モデルでした。)

さっそく、口コミや最安値、機能などを詳しく調べてみることにしました。

最安値で買える販売店は?

まず、NEC製Artemシリーズの無線ルーターPA-WG2600HP3を、最安値で買える販売店を探してみました。

各通販サイトで比較したところ、現在の最安値は以下の通りとなっています。

・Amazon ⇒11,799円 (送料無料)

・楽天 ⇒11,800 円(送料無料)

・Yahoo! ⇒11,800円(送料無料)

どこで買ってもほぼ同じ価格です。

すべて送料無料で、1~2日で発送してもらえるお店が多いです。

値段が同じなら、ポイントがつく分、楽天やYahoo!で買うとお得に購入できそうです。

ただ、この価格は記事作成時点での情報なので変動の可能性があります。
購入される際は、実際の販売ページでご確認をお願い致します。

<現在の価格はこちら>

レビュー・口コミまとめ

次に実際に「PA-WG2600HP3」を購入された方の口コミを調べてみました。

良い口コミは?

・以前の無線ルーターが途切れるようになったので購入。通信は速くなりました。

・以前のルーターでは2.4Gしかなかったので5Gが増えて良かったです。
今までは不安定だったのですが、携帯、PC、ゲームなど複数つなげても大丈夫でした

・口コミが良かったので購入。
部屋の中だけでなく庭でも使えるほどでとても快適です。

・バッファロー製無線LAN親機からこの製品に買い替えたのですが、5GHzの電波がよく飛ぶようになり、スマホで2.4GHzの電波を使用する事が無くなりました。
電波強度も安定していて、買ってよかったです。

・今までAtermのルーターを使っていましたが、引継ぎ機能がありすぐに使用できて良かったです。

・2年前に買ったWG1800HP2より2階での通信が安定した。

・以前もNECのルーターを使用していましたが、IPv6接続も問題なく設定も簡単にできました。

・スマホから簡単に子どもの使用時間を設定できるので、スマホ中毒の予防にもなって良いです。

・設定も簡単で、速度も大変早くなり満足です。
一軒家ですがどの部屋でも十分なスピードです。もっと早く購入すればよかった。

 

悪い口コミは?

・1Fに設置しているのですが、2Fで使用する際、5Gの場合はたまに途切れます

・AtermWG2600HP2を使っていたが、新しくこれが出たので購入しました。
使用感の変化はそれほど感じられない?です。

・従来のバッファロー製品より扱いづらいです。

※口コミは著作権の関係上、意味はそのままに文面を変更して掲載しています。

中継器なしの場合は、部屋の設置位置によって5GHzがたまに途切れたりする場合があるようです。

バッファロー製の方が扱いやすいといわれている方もいましたが、Atermの方が説明書が日本語で分かりやすいという方もいました。
扱いやすさは個人差がありそうですが、多くの方が「設定が簡単だった」という感想だったので、扱いやすそうな印象でした

その他の口コミはこちら♪
楽天⇒口コミ・レビュー一覧

 

PA-WG2600HP3の機能とは?

NEC製の無線ルーターArtem「PA-WG2600HP3」は、業界最速をうたう約1430Mbpsを誇る【プレミアムモデル】!

その機能の特長をまとめてみました。

11ac対応!同時に複数利用できる

5GHz帯と2.4GHz帯ともに4ストリーム(4×4)対応なので、多くの端末をつなげたり、大容量のデータを転送しても高速通信ができます。

5GHz帯の電波は、障害物に弱いですが干渉に強いという特徴があります。
一方、2.4GHz帯の電波は、障害物には強いのですが電波干渉が苦手です。

この二つの電波を使用場所によって使い分けることで、多くの端末でより快適に接続できるという訳ですね。

楽天より

対応する家の間取りは、戸建て3階建て・マンション4LDKまでで、Wi-Fi接続台数は18台となっています。

18台!
パソコン、テレビ、タブレット、スマホ、ゲーム・・・我が家では使いきれそうにありません。笑

ルーターは室内の設置位置などによって通信範囲が変わってくるので、自宅の間取りよりひとつ上の基準のものを選ぶと良いんだそうです。

なので、このルーターだと2階建てや3LDK の家で、十分快適に使用できるものと考えて良いと思います。

なおこの機種が、同じシリーズだと最大範囲の機種になるので、もっと大きな家の場合でつながりにくい場合は、中継機などを導入すると良いそう^^

 

デュアルコアCPU搭載

二つのコアを持ったCPU(デュアルコアCPU)搭載で、5GHz帯と2.4GHz帯両方の電波をスピーディに処理できます。

従来の一つのコアだと、5GHz帯と2.4GHz帯の両方の通信が混雑すると、速度が低下していました。


このルーターは、コアが二つあることで5GHz帯と2.4GHz帯の通信を両方とも同時に処理することができるようになりました。

 

新技術の「ワイドレンジアンテナ」!

立体的に3方向に電波を放射する独自技術「ワイドレンジアンテナ」を採用
360°電波が届き、複数のアンテナによって高速で安定した通信を実現。

従来機では使用するスマホなどの向きによって、電波が繋がりにくくなったりする現象が起きていました。

が、この「ワイドレンジアンテナ」だと色々な方向に電波が放射されるので、使用する端末の向き(平置き・横向き・縦向きなど)に影響されず、電波がしっかり届きます。

 

これ、ありがたいですね~。

我が家が今使っているルーターだと、リビングでは問題なく通信できるのに、料理するときに台所にスマホを平置きすると、途端に通信が途切れがちになります。
端末の向きが関係していたんですね^^;

 

IPv6通信対応!さらに独自の「IPv6 High Speed」搭載!

このルーターは、ネット接続機器が増大したことで混雑しがちなIPv4方式にかわり、新たに登場した接続方式「IPv6(IPoE)」に対応しています。

IPv6通信は、IPv4通信と比べて混雑していないので通信スピードが速く、通信できるデータ容量も大きいです。

 

今まではIPv6対応の端末でないと、この通信を利用できなかったのですが、新技術の「IPv4 over IPv6」方式を採用したことで、IPv4機器でも使用ができるようになりました!

通信が混む時間帯でも動画がさくさく見れたり、アプリのダウンロードなどが高速で行えるように♪

 

さらに、Atermでは独自のブースト機能「IPv6 High Speed」を開発!

通常のIPv6通信の約3倍ものスピードを実現したんだそう。

ただでさえIPv6通信ってだけで速いのに、その3倍ってすごいですね。


何でも、Atermの関係者がAPv6の規格作りや普及に長く関わってきたため、AtermはIPv6に強いんだそうです。

 

ビームフォーミングとMU-MIMO搭載!

「ビームフォーミング」とは、対応の端末に向けて集中的に電波を送信する機能です。

この機能によって速度が最大約35%アップするんだそう。

また、「MU-MIMO」とは、複数の端末で「同時に速度を落とさず通信できる」機能です。

 

WG2600HP3では、最大3台の端末であれば速度を落とさずに同時通信ができます。

 

ただ、これらの機能を使用するには、受信する側の端末(スマホなど)がビームフォーミングとMU-MIMOに対応している必要があります。

 

しかし、受信する側にこの機能がなかったら複数同時に使えないという訳ではなく、あくまで「速度を落とさず」同時に通信できる機能なので、11ac対応機種で端末18台まで使用できるし、そこまで気にしなくてもよいのかも?と個人的には思います。

口コミにも、「スマホ、テレビ、パソコンなど複数同時にサクサク見れました」とあります。

 

使用端末を見える化「見えて安心ネット」

専用アプリ「Aterm スマートリモコン」を使うと、Atermに接続している端末を一覧で見ることができます。

家族の端末の使用状況を確認したり、接続の許可・拒否、制限などの設定ができちゃいます。

アプリを使うので、パソコンだけでなくスマホやタブレットからも簡単に操作できます。

 

例えば、子どもが夜何時まで、スマホやゲームを使っているかどうかもチェックできたり・・・
これはすごいですね~

子どもが自分の部屋に閉じこもってゲームしててもお見通しですね。

 

「こども安心ネットタイマー」付き

上と似ているのですが、「こども安心ネットタイマー」機能を利用して、子どもがゲーム機やスマートフォンでWi-Fi接続できる時間を設定することができます。

機器ごとにスケジュール設定できるし、曜日によって時間を変えて細かく設定することもできます。

 

まぁこれを設定してても、Wi-Fiを使わないタイプのゲームだとできちゃう訳ですが、最近のゲームは何でもオンラインですよね。
これは、親に隠れてゲームができないですね^^;

でも親の気持ちからすると、子どもをネット依存、ゲーム依存にさせないためにも大事な機能だな~と思います。

 

その他にも、ゲストと家族で通信を分ける「Wi-Fi制御」や省エネ設計など、セキュリティ面や省電力面でも痒い所に手が届く機能がいっぱい 🙂 

もっと詳しい機能はこちらの公式サイトで見れます
http://www.aterm.jp/product/atermstation/product/warpstar/wg2600hp3/

 

以上、今日はNEC製のルーターAterm WG2600HP3について調べてみました!
思った以上に口コミも良いし機能が充実しているので、これは買いたいな~と思っています。

また買ったらレビューしますね。
最後までご覧いただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました