日本のマチュピチュ、竹田城跡に行ったよ

竹田城 石垣 日記

雲海の上にぽっかりと浮いているような姿から「天空の城」とか「日本のマチュピチュ」と呼ばれ、また「日本100名城」に選ばれ人気の「竹田城跡」に行ってきました。
また、竹田城跡の紹介でよく使われる、雲海にぽっかり浮かんだ城跡の姿を撮影できるスポットの「立雲峡(りつうんきょう)」にも足をのばして。

全行程 徒歩12,000歩の旅をご紹介します。(※私の足での歩数です)

竹田城 パネル
↑※この写真は立雲峡の登り口に設置されているパネルを撮影したものです。


竹田城跡へは歩いて登るよ

車で行くには、まず播但自動車道「和田山IC」で降ります。
県道136号線を西に10分弱行き、下のような珍しい橋の下をくぐったあと左折すると「山城の郷」に着きます。
ここから先は一般車両は乗り入れできません

【半円がならぶ橋の写真】

「山城の郷」からはバスまたは徒歩で「竹田城跡」バス停まで登ります。
バスで5分弱大人150円です。徒歩だと約20分です。

私たちはちょうどバスの時刻にぴったりだったので、バスに乗りました。
小さめバス2台の車内は満員でした。

休日でもバスの運行間隔は約30分なので、バスに乗るご予定なら先にネットなどで発車時刻を下調べすることをお勧めします。

「竹田城跡」バス停からは、看板に沿って山道を徒歩で登ります。
道路は舗装されていて歩きやすいです。
竹田城への道

約20分くらい登ると観覧料金所に到着します。料金は大人500円です。
愛想のいい元気なおっちゃんが受付でした。
トイレはこれより先にはないので、ここで済ませましょう。
竹田城 料金所
いよいよ城跡の石垣に向かいます。

竹田城跡はやっぱり高かった

料金所から進むと順路が示されているのでわかりやすいです。
・北千里⇒三之丸⇒二の丸⇒天守台⇒本丸⇒南千里

桜の大木がそこかしこにあるので、春に来るときっとすごくキレイだろうなと思いました。

竹田城 石垣

竹田城 石垣

ここにも愛想のいいおっちゃんたちが3,4人居ます。
後から行く予定にしていた「立雲峡」の山がどれか?などと質問したら優しく教えてくれました。

天守台からは竹田の町が見渡せます。
雲海を生み出す円山川もよく見えます。
雲海は昼夜の寒暖の差が激しい「早朝」にでき、よく見れるのは晩秋のころだそうです。

竹田城 石垣
↑正面の山の中腹に後から行く立雲峡があります。

順路に従って「南千里」に進んでいくと、今度は天守台を仰ぎ見ることができます。
小さいお子さんが「ヤッホー!」と叫んでいたので小さい声で「ヤッホー」と返しておきました^^

竹田城 石垣

下山します

帰りも「竹田城跡」バス停まで歩いて下ります。
私たちは「竹田城跡」バス停から「山城の郷」へも徒歩で下りました。約15分かかりました。

バスの時刻がちょうどよくなかったのもありますが、道路が狭いために一方通行なので。。。

「竹田駅」⇒「山城の郷」⇒「竹田城跡」⇒「まちなか駐車場」⇒「上町」⇒「竹田駅」

というルートで周回しているので、「山城の郷」まで戻ろうと思うと帰りは遠回りになるのです。
竹田の町の観光も希望される方や電車で来られた方は、バスが便利です。

竹田城跡周辺地図の看板

「山城の郷」に戻って、竹田城跡キャラクター「たけじぃ」の顔出し、観光案内所の3D撮影スポットで雲海を見た気になり、丹波の黒豆の試食をつまみ、お土産を買いました。

たけじぃ顔出し

雲海

但馬牛や丹波黒豆がらみのお土産が多かったです。

おみやげ

次は立雲峡に向かいます

さて次は竹田城跡のある古城山から下り、南東側の朝来山にある立雲峡に向かいます。
車で約10分です。
山道もキレイに舗装されています。

駐車場は50台くらい停められそうです。
雲海の時期には混雑するそうですが、私たちは閑散期だったので10台くらいしかとまっていなかったです。

協力金200円を払って、さあまた山登りです。
竹の杖も貸してもらえます。

立雲峡案内図の写真

第3、第2展望台はやや楽勝です

立雲峡から竹田城跡を望む展望台は下から第3・第2・第1の3か所あります。

第3展望台までは徒歩2,3分で到着します。
時間的には楽勝ですが、少し足元の石がゴロゴロしているので運動靴でないと難しいです。

第3展望台からの眺めは、城跡を見上げる角度です。
展望スペースがよく整備されて木々もほどよく刈り込まれているのでよく見えます。

第2展望台まではさらに10~15分程登ります。
だんだん息が・・・。いい感じに城跡が見えます。

立雲峡 第二展望台

この時点で第1展望台を目指すか帰るか悩むところですが、せっかくここまで来たんだし・・・と頑張りすぎて、後で後悔するのです。

第1展望台までは結構きつかった

第2展望台から第1展望台へはさらに20分程度登ります。
立雲峡・・「峡」とついているのに、まだ渓流っぽいものに出会ってないな~と思っていると、「竜神の滝」がありました。
周囲の岩もゴツゴツしてて苔蒸していて雰囲気でてます。

立雲峡

立雲峡

弱音を吐きつつ登っていくと到着しました、第1展望台!!
第3・第2展望台よりも遠い気がするんですが、城跡を見下ろす感じです。
これに雲海が出るとあの最高の景色になるんですね。

立雲峡 第一展望台

第2展望台からの写真とそんなに違いがわからないですね><

やり遂げた満足感に浸りながら下山。
登りで足が疲れていてあぶないので下りるのはゆっくりで!

協力金徴収係のおじちゃんが、やたら雲海の竹田城跡のパネルを写真で撮れと勧めてくださるのでスマホで写真におさめて、今回のミニ旅行は終わりです。
よく歩いた・・・。

基本情報 🙂 

名前 竹田城跡、朝来市立雲峡
場所 兵庫県朝来市
TEL 079-674-2120(天空の城)
入場料金 【竹田城跡】大人500円、中学生以下無料

【立雲峡】協力金200円(高校生以上)

駐車料金 無料
公式サイト 竹田城跡公式ホームページはこちら
http://www.city.asago.hyogo.jp/takeda/
朝来市立雲峡のページはこちら
http://www.city.asago.hyogo.jp/0000000449.html
行った日 2018年5月26日(土)

タイトルとURLをコピーしました