【天体望遠鏡 リゲル60】レグルス・ポルタとの違いは?評判とセット最安価格をリサーチ!

園芸・趣味

今年2018年の夏、火星が大接近しましたよね。
2年2ヵ月ごとに地球に近づく火星ですが、その距離は毎回異なり、今年は15年ぶりの近距離ということで、かなり話題になりました!

これを機に、小学一年生の息子も「星」に興味を持ち始め、プラネタリウムを見に行ったり、家族で夜空を見上げたりしました。

子どもと一緒にもっと星を見てみたい・・・!

と、たまたま見ていた楽天ランキングに「天体望遠鏡 リゲル60」というものを発見 🙂

初心者向けの天体望遠鏡のようですが、どんなものなんでしょうか?
機能や、同じような天体望遠鏡レグルスとの違い、最安値で買える販売店などをリサーチしてみました。

天体望遠鏡リゲル60とは?

「リゲル60」とは、池田レンズ工業が作った初心者におすすめの「入門天体望遠鏡」です。

日本製で、しかも「池田レンズ工業」さんは大正12年創業の老舗レンズメーカーなんだそう。

でもこの「リゲル60」。
どんなところが初心者に優しいのでしょうか?

調べてみて分かった点をまとめてみました!

持ち運びしやすく、操作も簡単♪

組み立てたときの重さが約3㎏で、「小学生3年生以上が一人で持ち運び、設置・観測までできる」をコンセプトに作られています。
すごい、そもそも小学生が使えるように作られているんですね!

しかも小学生向けと言っても機能はしっかりしていて、「本格的に見える」ことが人気のヒミツなんだそうです。

3㎏だったら、2Lのペットボトル1.5本分ですね。
持ち運びだけなら、小学一年生の息子でも出来そうです^^

 

微動ハンドル付き

星を天体望遠鏡で見つけて観察していても、地球が自転しているので5分後には望遠鏡から見えなくなってしまいます。

安価な天体望遠鏡に付いている「粗動ハンドル」だけでは、少し動かすだけで星が大幅にずれてしまい毎回の微調整が大変!

ですが、このリゲル60に付属している「微動ハンドル」だと細かく移動でき、簡単に星を映すことができるそうです。
しかもこの微動ハンドルは、上下方向用と水平方向用とに分かれているので、自由に位置決めができます。

 

スマホアダプタ付属!

スマホを取り付けられるアダプタが付属しているので、天体望遠鏡で見つけた月などの写真や動画を簡単に撮影できます。

個人的にこの機能がすごく魅力的!

子どもと一緒に天体観測に行って、写真や動画を撮っておけば、あんな月見たね~と帰ってから良い思い出になりますね 🙂

 

購入後のサポートがしっかり!

この「リゲル60」には安心の3年保証が付いています。

しかも購入後に、組み立て方や、ピントの合わせ方、ファインダー合わせなど、分からないことを問い合わせすると教えてくれるようです。

私みたいな天体観測はじめての素人には心強い・・・

 

リゲル60の最安値店舗は?

では、リゲル60の通販最安値はどの店舗でしょうか?
最安価格で買える販売店を、Amazonと楽天市場、Yahoo!で調べてみました。

・Amazon ⇒21,600円
・楽天市場 ⇒21,600円
・Yahoo! ⇒21,600円

どこで買っても同じ値段で、送料無料となっています。

どのサイトでも、最安値店舗は「ルーペスタジオ」さんとなっていて、1~2日ほどで発送されるようです。

価格が同じなら、ポイントが216円分付く「楽天」や「Yahoo!」で買う方がちょっとお得になりますね。


ただ、こちらの価格は記事作成時点での情報なので、変動する可能性があります。
購入される場合は、実際の販売ページで確認をお願いします。

現在の価格ランキングページをまとめておきます

・Amazon⇒リゲル60 価格ランキング
・楽天⇒リゲル60 最安価格ランキング
・Yahoo!⇒リゲル60 価格ランキング

 

レグルス、ポルタとの違いは?

「リゲル60」を調べていると、何やら似たような機種が・・・

「レグルス50」と「レグルス60」です。
他にも、上位機種に「ポルタⅡ A80MF」というものがあるようです。

「リゲル60」とレグルス、ポルタの違いは何なんでしょうか?

表にまとめてみました。

ポルタII A80Mf リゲル60 レグルス60 レグルス50
値段(円) 約43,000 約22,000 約13,000 約9,000
微動ハンドル 全周上下水平微動ハンドル ×
スマホアダプタ 付属
ファインダー 6倍30mm 素通しファインダー
6倍20mm(別売)
素通しファインダー
対物レンズ(mm) 80 60 60 50
焦点距離(mm) 910 700 600 420
接眼レンズ PL20mm・6.3mm、差込31.7mm径 K20mm、f6mm、差込24.5mm径

各機種の違いは、微動ハンドルの有無や、レンズの性能などのようです!
それによって、値段も結構変わってきますね。

【特徴】

ポルタⅡ

性能もよく、他に比べるとお値段も高いです。

重さも「9.0kg(接眼レンズ別)」なので、小学生が一人で持つには少し重たそうです。

ただその分、観測時に風や揺れに強いです。

口コミも良いですし、お子さんが星にかなり興味を持っていて、これから本格的に勉強したいという方であれば良いかも^^

我が家のように「子どもと初めて天体観測してみたい!」という方は
レグルスやリゲルの方が良さそうですね。

リゲル60

価格帯は2万円ほど。

「小学生でも一人で扱える」をコンセプトに作られた軽量タイプで、この価格帯では珍しく、全周微動ハンドルがついていて位置を調整しやすいのが特長です。


レンズも日本製で、口コミを見ると非常によく見えるとのこと!

初心者には、十分な性能のようですね^^

 

レグルス60

安価なレグルス50よりも焦点距離が長く、星が大きく見えるんだそう。

価格も1万円ちょっとと手頃。

ですが、微動ハンドルが付いていないです。

※現在、Amazonでは取扱いがないようです。

レグルス50

どこでも持ち運びしやすいコンパクトなタイプ。

1万円以内で購入できてお財布にやさしいです!

こちらも微動ハンドルはついていないです。

※現在、Amazonでは取扱いがないようです。

 

う~ん、リゲルかレグルスかで迷っています。

微動ハンドル付きのリゲル60が良いけど、我が家に2万円の壁は結構大きい・・・

最初はレグルスでも十分かもしれないな~と思い始めています(笑)

クリスマスプレゼントや誕生日プレゼントとしてだったらリゲル60が良いかも。

リゲル60の口コミ・評判は?

ここで、リゲル60の口コミや評判について調べてみました!
良い口コミはもちろんですが、悪い評判も気になります。

良い口コミは?

・初心者の子供にも、女性にもおすすめです。
小学4年生の息子は簡単に組み立てて、操作もしやすそうでした。
三脚もしっかりしています。
微動ハンドルの動きも滑らかなので、天体を導入しやすいです。

・スマホで映した月に、しっかりクレーターが映っていて感動!

・木星、土星、火星などを確認できました。
土星は小さいですが、自分の目で見れてうれしかったです。

・3年生息子に購入。問題なく、組み立てやピント合わせなどができています。

・初めての天体望遠鏡として購入。
軽量で簡単に組み立てできました。
5才息子でもピント合わせができるくらい操作しやすく、初心者におすすめです。

・皆既月食を機に購入。
普通に撮影するより、全然違う写真が撮れました!

悪い口コミは?
・ファインダーで位置決めが今一つ難しいです。

スマホアダプタが入っていませんでした

コンセプトにもあるように、小学3年生以上の子だと一人で設置や操作などがしやすいようです!

中には5歳でも扱えた、という方もいらっしゃったので、本当に初心者向けの天体望遠鏡なんだなーと思いました。

また性能についても、遠い土星も小さいながらも見えるとのこと。
月はクレーターまではっきり見えるみたいなので、期待できますね。

 

悪い口コミは少ないのですが、「位置決めが難しい」と言われている方がいました。
小学生でも簡単にできた!と言われている方が多いので、慣れたら大丈夫なのかなぁ~

あと、「スマホアダプタが入っていない」という方もいました!
これはショック・・・

販売ページにも「スマホアダプタ付属」と明記されていますし、お店側の不備だと思うので問い合わせると良さそうですね。

 

ちなみにもう少し安価な「レグルス60」と「レグルス50」の口コミページはこちら♪
気になる方は覗いてみてください

<楽天みんなのレビュー>
レグルス60の口コミ一覧
レグルス50の口コミ一覧

 

やっぱり値段が高いほど口コミが良いなぁ・・・
間をとってレグルス60かなぁー

もう少し悩みそうです。
子どもにも聞いてみて、買ったらまたご紹介しますね♪

以上、今回は小学生が一人で使える天体望遠鏡「リゲル60」について調べてみました!

 

タイトルとURLをコピーしました