【クールビットキャップ】の口コミと販売店調査!

美容・健康

暑い夏の日になんとかして涼しさが欲しいと、いろいろ工夫している人は多いと思います。

外に出るには帽子は被らないといけないけど、帽子をかぶるとさらに頭が暑い・・どうしたものか?!

「クールビットキャップ」という涼しいキャップがあるらしいので、どんなものなのか調べてみます。

クールビットキャップとは?

Coolbit(クールビット)とは、水に濡らせてその水の気化熱で涼しくする仕組みです。

水に濡らす部分の繊維が特許を取得しているすごいものだそうです。
高吸収繊維(ベルアオシス)というもので、水を10倍以上保水して、気化冷却を助け一層涼しくするんだそう。

キャップ以外にもハット、子ども用帽子、首ひんやりタオル、作業用インナーなど幅広く商品があります。

キャップの商品にも、種類がいろいろあります。
冷やすポイントが後頭部周辺だったり、顔や額周辺だったり。

また、後カバーの大きいもの、チタンスパッタリング加工とやらで遮熱効果のあるもの、ヘルメットの中に被る用でつばの無いもの・・etc.

その中で、今回は定番商品の「クールビットキャップ」をご紹介します。

クールビット Wメッシュキャップの販売店は?価格は?

クールビット ダブルラッセルメッシュキャップの価格はいくらなんでしょうか?

大手通販サイトのAmazon、楽天、Yahoo!で価格を比較してみました。

<最安価格>
Amazon⇒税込 2,645円(送料無料)
・楽天⇒税込 2,297円(+送料550円)
・Yahoo!⇒税込 4,326円(送料無料)

記事作成時点では、Amazonの購入が一番安いようです。

ただ、最安値は変動する可能性がありますので、購入される際は実際の販売ページからご確認をお願い致します。

▼詳細はこちら

クールビットキャップの口コミは?

では、クールビットキャップは本当に涼しいのでしょうか?
また、かぶり心地はどうなんでしょう?

実際に買われた方の良い口コミを見てみたいと思います。

・父がツバの長さや広さがちょうど良くて愛用しています。
・見た目も悪くないし、こまめに冷たい水でぬらして熱中症対策に有効です。
信じられないくらい涼しいです。
・山歩きの時に使っています。
途中で小川の水で濡らすと気持ちいいです。
・長時間外での作業をするので助かっています。
凍らせるアイテムや冷却スプレーでは続きませんが、水に濡らすだけで再冷却できるのが良いです。
・うなじの日焼け防止に役立ちます。
・首筋の布が思ったより硬かったですが、熱中症にならずに済みました。
一方で悪い?口コミも調べてみました
後頭部パーツがゴワゴワしているので内側にはめて頭を冷やしています。
・メッシュに冷水を含ませて絞るのですが、しっかり絞らないと水がダラダラと落ちてくる

※口コミは著作権の関係上、文章の意味はそのままに文言を変更して掲載しております。

口コミまとめ

テニスにゴルフに山登りにと、活躍しているようです。
もちろん外でのお仕事を頑張っていらっしゃる方々も、熱中症対策に使われているようです。
多くの方が、「とても涼しい」と言われています。

後カバーの硬さや大きさ、柔らかさに不満の方もいらっしゃるようです。
感じ方には個人差があるので仕方ないかもしれませんが、悪い口コミは小数だったので、悪い製品ではなさそうですね。

私が気になったもう1つのキャップ

先にご紹介した「クールビット ダブルラッセルメッシュキャップ」は後頭部を冷やすタイプです。

これを調べているうちに、私が個人的に気になったキャップがもう一つあります。

「クールビット クールバイザーCLV-CPT1」です。

 

クールビット クールバイザーCLV-CPT1は後頭部でなく、ツバの部分に冷却を助ける高吸収繊維(ベルアオシス)というのが入っています。

額や顔を冷やしてくれるので、暑い日も顔が赤くほてりにくくお化粧崩れの防止にもなると女性に人気だそうです。

私はとにかく汗っかきで、暑い日など額からダラダラと汗が流れてお化粧なんかどこへやら・・・という人なので、首の冷却も捨てがたいですが、こちらにも興味津々です♪

▼クールビット クールバイザーCLV-CPT1はこちら

 

 

あと、余談ではありますが私は結構頭がデカくて、フリーサイズの帽子がキツイんですよね><
今回ご紹介したクールビットキャップは、ほとんどが後頭部でサイズ調整ができるので、その点もうれしいです。

この夏は水分補給とクールビットキャップで乗り越えよう!

タイトルとURLをコピーしました